FC2ブログ

8月11日練習(オオエキ)

圧倒的余裕を持っているB3オオエキです。
今日から少しばかり練習もオフに入るので遅くまで起きてます。
GOTOのブログを読んで、熱い気持ちになったので、練習のこととか思ってることとかつらつらと書きます。B3のBが何の略なのかググってしまいました。bachelor (学士)らしいです。元ESSですが、英語はニガテなので発音できません。

8月11日(土)
7:15 今津運動公園
1000m×3+5000m jog

集合時間にいたのはtktr, mtmt, hrk ちゃんの3人だけど、まぁ練習続いて疲労溜まってるだろーし仕方ないですね。(笑)
調子乗ってAで走りましたが、暑さにやられて僕は死にました。よくよく考えれば走ったのは西海以来。そりゃ走れるわけない。時間がない、スイムをがんばると言い訳をして走ってこなかったのがそのまま今日のランにでました。1000m3本も早くないのに、5000mのjogも走れず途中で抜けてしまいました。
他のみんなは今週毎日部活をしており、疲労困憊のはずなのに耐えて走っていました。
tktr はほぼ毎日5kmぐらい走っているおかげか、余裕を持ってBグループを走っていました。いろいろとうまくいってるようで、走りにも元気が感じられます。

9:30
大原海水浴場付近
海練

波が高くて、意外と汚くて、疲労も溜まってて少しだれてました。軽く泳いだあとに、3ヶ所のブイを3周回りました。ついていく人が遠回りしてることもあるので、ちゃんとヘッドアップをしながら泳がないといけないと感じました。
nskwは変なポーズとるし、stkは原付の駐車料金とられて萎えてました。

そんな感じで学食も閉まってるので、練習終わり。



木曜のデュアスロンのリザルトを見ても1年、2年がめちゃ早い。2年に抜かれるなーつらいなーと思ってたら、いつのまにか1年にも抜かれそうです。まだ負けたくないし、ひとまずインカレまでは自分ができることを精一杯します。

この前、部室からの帰りにookrが後輩の成長や強さについて話してて、あぁお前も先輩なんやな、Gaiaを作っていくんやなとか思ってました。嬉しそうに今週はバイク練しまくったからoekiさんには平坦で負けませんよ(笑)とか言ってくる。バチバチだな、少し気を抜くとすぐ負けてしまいそうです。


実はバラモンの前までは、今年の西海が終わったら第一線を退こうかな、夏休みはバイトで貯めたお金で遊んだり、海外行ったりしようかなとか思ってました。しかし、バラモン、西海が終わってから、人生変わりました。正直キツいときも、追い込みすぎたときもあったけれど、頑張ってたらいいことあるもんだなと思いました。

まずは、インカレ。完走できるかわからない。けれど、わんちゃん精神で西海も乗り越えてきたので、できることを全部やり切って自分のレースをイメージしていきます。

今年の夏休みは過去最高に練習スケジュールが密だと思います。週6で練習し続けたら、どれだけ強くなるでしょう。疲労を溜めすぎないよう計画を適宜修正しながら、頑張りましょう。速く、強くなるために練習をするのだから、練習を闇雲にするのではなく、質や強度、課題などを考えながらやっていきたいですね。そして、疲労回復やパフォーマンスを上げる方法、整体や栄養など考えることはたくさんあります。個々だけではなく、集団として強いチームにしていきたいです。

トライアスロンを自分のペースで楽しむことは忘れずに。

201808120142457be.jpeg
スポンサーサイト

西海レースレポートby後藤

 こんばんは、みなさんいかがお過ごしでしょうか。すしを食べてスシパミンが止まらないB2後藤です。Bが何の略かは知りません。最近なんだかGaiaブログが更新されなくて寂しいので、自分でにぎわせます。夏休みの練習とかでも練習ブログを書いていきましょう。書くと喜ぶ人は喜びます。上級生は指名してください。
ということで西海レースレポートを書きます。



TOTAL 2:27:18 (22)
SWIM 0:30:05 (37)
BIKE 1:10:17 (23)
RUN 0:46:56 (23)


SWIM 0:30:05
 成長の余地あり。でも悪くはない。
 当日の朝は、ゴキちゃんと2ショットを決めたり、ooekさんとおしゃべりしまくったりしてテンションが上がってた。ultra soulとか口ずさんでた。スタート前も心拍高めで、良い感じ。暑かったけどね。海の飛び込みが手前すぎて足を擦ったり、スタートがパオーンじゃないんかーいとツッコミを入れたりしてスタート。
 人混みってニガテなんだよなぁ。最初は揉まれてたけど、ドラフティングうまくできないから外目を泳ぐ。折り返しだけ内に切れ込む迷惑な奴になった。てへぺろ。無難に1周目終了。飛び込む。いや飛び込むことは知ってたけど、背骨が危ないとか聞いてないよね。写真撮ってくれた方、ありがとうございます。2周目はゆ~やと並泳する。速さがちょうどいいのでドラして、2回目の飛び込みも生還し、最後の直線でミニマムなスパートをかけてスイムアップ。ゴールどこやねん。
 正直もっと速く泳げたけど、完走が大目標だったので許す。

BIKE 1:10:17
 西海楽しい。とにかく応援がありがたい。こんなに来てくれるなんて思ってなかった。ありがたい。応援にはできるだけ笑顔で応えた。歯を食いしばってるみたいだったが、あれは笑顔なのである。ずっと漕いでいたい気分だった。
 トランジで水分補給し、ゆっくりシューズを履いて安全にスタート。トランジエリアでooekさんを見つけたが、すぐに彼方へ消えていった。漕ぎ始めで飛ばさないように注意してた。特に登りでは踏まずに回しまくった。ちなみに自転車の色を青にした決め手の1つは、寒色系で自分を落ち着かせる為である。効果あったんかな。
 ボトルはちゃんと落とさずに1本飲み切った。トランジに置いたのを含めてちょうど1Lくらい。入りの5kmと最後の3kmは力を抜いた。試走って大事だなと思った。結局Gaiaの人には一度も抜かされずバイク終わり。1時間ちょっとだったけど、とても短く感じた。あー今思い出してても楽し。

RUN 0:46:56
 ランのことなんて覚えてない。もう1か月くらい経つんだもん。

TOTAL 2:27:18
 まずは完走できた。そして目標にしていた2時間半切りor姐さん越えを達成。そして何より楽しかった。完走したとき、もう一回やりたいなと思った。幸せを感じた。トライアスロンに出会えてよかった。来年の西海も出たいし、宮島も出たい。大会出たい。Gaiaのみんなと。

 上の人たちも見えてきた。スイムもバイクもランもまだ伸びしろが十分にある。その人たちとバチバチする日が来ることを夢見る。





 Gaiaの練習に参加し始めてからだいたい8か月経ちます。意外と長かった。最初の練習で10km走って、9年ぶりにプールでしっかり泳ぎました。記憶がうっすらしかない合宿に参加したり、されたことのない新入生勧誘をやったりしました。そして西海でトライアスロンデビューしました。
 最初は全然しゃべらなくて、なんだこいつと思った人も多分いたと思います。でも今では練習に誘ってもらえるようになって、ブログで何度も名前を挙げてもらえたりして、自分は幸せ者です。

 西海で選手が気持ちよくレースできるように、試走の前から尽力してくださったマネージャーの皆さん、ありがとうございました。普段の練習でもお世話になっております。感謝申し上げます。
 練習が楽しいのは一緒に上を目指せる仲間がいるからです。いつもありがとうございます。これからも一緒にご飯食べましょう。

 そろそろスシパミンが切れてきました。もう眠たくなってきたので寝ます。
 おやすみなさい。

西海レースレポート【甲斐(大)】

皆さんこんにちは、2年の甲斐大樹です。
西海が終わってもう5日目ですが、レースレポートを書きたいと思います。
天草の時も書いてなかったので、まとめて書こうと思います。
今更感すごいですが、ごめんなさい。
あんまりはっきり覚えてないのですが、レースレポート初めて書く気がします。
今まで何をやってたんでしょうか。

天草
Total 2:21:47
Swim 30:18
Bike 1:08:06
Run 43:23

トータル的には、かなり自己記録を更新してました。
トライアスロンはコースによって結構距離が変わったり、走りやすさが違うので、一概には言えませんが、個人的には一番良くできたレースだったと思います。
まぁ、天草のコースはスイムもバイクもランも全部やりやすかったですね。楽しかったです。

スイムから
毎度のことですけど、スイムが速くないので、バトルを避けるためにコースの端に陣取ってスタート。
行って折り返して帰ってくるだけのコースなので、まっすぐ進むことを意識して進む。
行きは、体力を使いすぎないようにして、帰りは追い波だったので、ペースをあげて進んだ。
百道で、海で水を飲みすぎた反省を活かして、水を飲みすぎないように、呼吸に気を遣った。
終わってみて、いつもより早く終わった気がしたので、30分切れたんじゃね?と思ってスイムアップ。
(しかし、切れてなかったのでちょっとショックだった。)

トランジに入ると、周りのバイクは全然ない。
まぁ、そりゃそうかと気を入れ直して、ささっと準備して乗車ラインへ。
飛び乗りは安定してできるようになってきた。
最初にキツめの登りがあるが、これは勢いを付けて登って、下りで加速する。
平坦に入ったら、飛ばしておじさんたちを抜いて行く。
きつい登りはなかったので、登りもあまり減速しないように意識する。
途中に上位パックにエリートのスイムが得意なkbysさんを観測してテンションが上がる。
続けてikdさんとtrさんも観測。
それからエイジの女子3人を抜いた。ここでもスイムの遅さを実感してしまう…
そのあとに、男子と順々にすれ違う。それぞれの差はそんなにないことを確認したけど、自分とは遠いので、無理をしないように漕ぐ。
折り返した後に、痛かった腰が我慢できなくなったので、ちょっと背伸びする。
なんかスピードが落ちてたけど、冷静になって向かい風のせいか、と思って落ち着いて走る。
しばらく行くと、ビアンキっぽい色のチャリを押している人影が…
まさかと思いながら、近くまで行くとmtmtでした。
あらら、と思いつつも何も言えずに過ぎ去ってしまった…
そのあと、ピナレロの速いおじさんに「キープレフトでいこう!」と元気に注意され他ので、しっかり反省しました。
降車ラインが坂の下り終わりぐらいなので、通り過ぎないようにして、飛び降りを決めてフィニッシュ。
相変わらずアスファルトが痛かったけど、トランジを走り抜けて、バイクをラックにかける。

落ち着いて靴下と靴を履いて、スタート。
直後に、nskwさんの姿が見えて、ももこってぃーからタイム差を聞くも、流石に追いつけないだろうなと判断して、足が終わらないようにする。
坂がきついけど、思ってたより走れる。
もらったスポンジを次のエイドまでちょっとずつ使うのが意外といい感じだった。
死んでるstkと片足裸足のookrを抜いた。
周回のゴムがバチンってなって結構痛かった。
マネージャーさんと応援の人に声をたくさんかけてもらって、ゴール。

結果的には2年男子で一番早かったのに驚き。
まぁ、僕以外みんなトラブルがあったので、無難にこなせたのがよかったのかなと。
ももちアクアスロンはきつい…って感想が先んじてたけど、天草は楽しかった。
バイクはいいですね、やっぱ。

西海
Total 2:34:20
Swim 33:01
Bike 1:1058
Run 50:21

ちなみに去年と比べると、バイクだけ遅くなってました。
山登らなさ過ぎましたね。西海前は登るべきでした。反省です。
しかし、2年生のみんなが10分とか20分とかあげてる中でこの記録だったので、正直恥ずかしかったです。

スイムから
去年とちょっと変わってたけど、まぁ気にしない。
最初ちょっとバトルがあったけど、避けて泳ぐ。
何度かロープに当たってしまう。
折り返してからは、人が全然いなくて不安になったので、ヘッドアップでしっかり確認しつつ泳いだ。
ポンツーンで上がって、飛び込もうと思うと、意外と高い!!ってなって、足から行ってしまった…
飛び込んだあとは、去年の大?さんみたいに激写されてないだろうかと不安になりながら泳ぐ。
幸い撮られてなかったけど、その分大?さんが今年もかましてくれてた。笑いました。
2回目飛び込んだ後も余力があったので、ちょっとペースをあげてゴール。
これなら最初からもうちょっと飛ばすべきだった。
毎度思うんですが、自分はスイムでセーブしすぎなのかもしれません。
一回後半のスイムのこと考えずに泳いでみたいですね。
ウェットを脱ぐのにちょっと手間取ったが、ちゃんと脱げた。

ささっと準備して乗車ラインへ。
去年はフラフラしながらスタートしたけど、今年はスムーズにスタートできました。
あんまりバイクを漕いでなかったので、ペースがよくわからない…
スピード出すとちょっと出しすぎなんじゃないかと不安になって抑えてしまう…
登りで頑張ると後が続かないなと思って、出し惜しみしてしまう…
終わってみると、バイクラップは去年以下でした。
これは結構ショックでした。反省してます。
バイクで頑張らないといけないのに…
練習頑張ります。

大して前の人に追いつけずにランスタート。
絶望的に暑い…
下手すりゃ死ぬなと思って、熱中症にならないようにしようと心に誓う。
赤い橋の坂のきつさは去年経験済みなので、ピッチ走法で乗り切る。
マネージャーさんたちに声をかけられて頑張って足を動かす。
水とスポンジで体を冷やしながら走る。
スポンジは天草の時と同じで、できるだけ長く使えるようにした。
たくさんのGaiaの人と早めにすれ違ったので、インカレめっちゃ行くやん!って嬉しくなったのと同時に自分との差を大きく感じて悔しかった。
一年生にも抜かれたけど、粘れなかった。
あおいちゃんにも追いつかれたけど、なんとか越されずにゴール。
しんどかった。
練習不足を痛いほど感じたし、練習を積めなかった自分を情けなく感じた。
去年、ゴールした後に思い描いていた自分は、そこにはいなかった。

何のためにトライアスロンしてるんだろう…

せめて自分の納得がいくレースをしたい。
やれることをちゃんとやろう、そう思いました。


天草、西海ともに応援、写真ありがとうございました。
力になりました。
特に幹事のももこってぃーと、真夏さんには感謝です。
ありがとうございました。
インカレ行く皆さん頑張ってください!
今年も自走します。
完走目指します。
スポークのケアを怠らないことがポイントですかね。

ここまで長くなりました。
あんまり面白いポイントも作れず申し訳ないです。
明日は海水浴するらしいですね!
最近クソ暑いので、海でリフレッシュしましょう!

おわり。

西海トライアスロン(泉)

こんにちは。ついつい余計なことを言ってしまうB3の泉です。反省してます。もう3日前になりますがレースレポートを書きます。まだ足が痛いです。




精神的にも肉体的にも今までで、最もきついレースとなりました。あきらめない気持ちが大切だと思いました。結果から先に言うと、11位でぎりぎりインカレ出場権を獲得。リベンジするチャンスをもらうことができました。




今シーズンのレースは天草から始まりました。天草はレースレポートにも書いてますが、散々な結果でした。冬、春練習してないわけではないのになんでやろ。練習量も足りませんでしたが、レースに向けて身体を作っていく、スピードをレース仕様にもっていくということができてなかったと思いました。そのあとは一番ひどかったバイクを中心に練習しました。ランは全体練でほぼトップで練習できてました。得意種目はランです。(前振り)




レースレポートを書きます。
ほんとにきつかった。なきそうになりながら走った。





2017
Swim:27’40(16)
Bike:1’07’08(7)
Split:1’34’48(10)
Run:41’28(11)
Total:2’16’16(9)

今年
Swim:26’09(18)
Bike:1’07’06(5)
Split:1’33’15(9)
Run:44’59(18)
Total:2’18’14(11)




Swim:26,09
スタートする頃には緊張はなかった。近くに関さんとかがいた。右端からスタート。得意のスタートダッシュ()で集団から抜け出す。(前に速い人たちの集団があるのは無視していいこととする)まわりに人が少なくなってくると心肺を上げないように泳いだ。西海は波がないので伸びる泳ぎも可かもしれない。最近キックが速くなったのでほどよく打つ。前に遅い人たちがたくさん現れるが冷静にかわす。ここで無理に抜かそうとすると息が上がる。自分の場合、スイムで他の人に乗っかられたり捕まれたりしたらとてもイライラするのでそれも回避。一周目ポンツーン。佐大の恵崎と同時に上がって飛び込む。二周目もドラして泳ぐ。途中で抜かして自分の信じる最短ルートを泳ぐ。終始ひとり。スイムアップ。山根さんと同時だった。ずっとドラされてたらしい笑。ひとりじゃなかった。25分半!と上がったときに言われました。山根さんに順調順調とか言われながらトランジに向かいました。スイムはいつも以上に上出来な内容でした。飛び込みはしたほうがいいと思われる。WTSのミックスリレーで全力で走って思いっきり踏み切ってスイムに向かってるのをみたことがあるから理想はそれ。順位は僕の前に3人女子がいるので実際は15位。



トランジ
トランジにいくとちょうど大倉がチャリを運んでいるところだった。スイムが上出来であったことを確信。落ち着いてトランジをしてバイクへ。





bike1,07,06
バイクスタートしてすぐ前に九大が2人見える。つるさんと大倉や。つるさんとこんなにスイム近かったことはなかったので感動。バイク一周目は山根さんと淡々と漕ぐ。佐竹を早々にぬいたので、まじか佐竹僕が追い付くにははやいよ、と思った。去年一昨年と達成出来なかった池田麻貴をバイク一周目に抜くという目標を達成。3度目の正直だった。(相手病み上がり)鶴さんにもおいついて近くに山根さん鶴さんがいる状況だった。造船所でつるさんが謎の道で曲がったときはレース中ながら笑ってしまった。鶴さんはまきちゃんや佐竹に声をかけてスピードを落としたりして、ほんとに見張り番してたヨ。。造船所出るところで大嶧とすれ違う。お、おまえ、、なんでこんなとこおるんや。誰やお前。かなり上位まで上がってきてることを知る。二周目も無難にこなす。マグオンをバイクにつけていたので飲もうと下を見るとついてない。声にならない叫びを上げた。大倉との差は最後まで縮まらず。スイムの速い人を何人かとらえてバイクフィニッシュ。ボトルは一本だけ積んで飲み切った。




split1,33,15(9)
鶴さんと山根さんとトランジイン。ぼくの方がトランジが早いので先にラン出発。タイムを見ると去年よりも1分以上早かった。





run44,59(18)
地獄の始まりだった。ランスタートは足が動かない。それはいつも通りなので大して気にしなかった。山根さんと鶴さんには早々にぬかれる。この時点で11位。前に抜ける予定の人が2人はいたのでこれもまたあせらず。大倉においついて位置を守れるペースで折り返し地点へ。折り返したあと足が動き出したのでペースを上げた。その後だった。つりそうでつらなかった足が完全にお亡くなりになった。激痛、そして動かない。しかも両足。動かない足に鞭打ちながらも走り続ける。ここで清水さんにぬかれる。ぐぅあ。らちがあかないのでストレッチ。頼む治ってくれ。。神頼み。誰かが何かすればすぐ治るとか言ってたなあ、とか思って後悔した。そうこうしているうちに松本にぬかれる。ぐぅあ。大嶧にぬかれる。ぐぅあ。この時点で12位。崖っぷちにたってしまった。迫る後ろ。動かない足。絶望の声にならない叫びをあげた。去年は何も考えずにランは無難にこなしただけだった。今年は全く違う。動かない足でも前に進まないといけない。気持ちを入れ直す。最後の橋で止まりそうな小林を抜かす。ショックだったが人を気にしている余裕がない。後何㎞でどのぐらいの力を残していればここを保てるのか考えるのに精一杯だった。ここで11位。最後の折り返し。後ろにいたのは、すぐ後ろにいると思っていた大倉ではなく、佐竹と恵崎だった。このレース一度も後ろを振り向かなかったのでここで初めて知る。残りはのぼってくだるだけ。ラン勝負では負けない。このときの佐竹は雰囲気が違った。走れてる。凄まじい集中力がこちらにも伝わってきた。きついのはどちらも同じだ。2人に抜かれたら終わりだったので最後の力を振り絞ってゴール。




total2,18,14(11)
なんとか圏内を保ってゴールした。去年とは比べものにならないほどキツかった。ランが。曲がりなりにも去年インカレ出場しているというプライドもあった。簡単には負けられない。大嶧に抜かれたとき、大嶧が通過して俺がいけなかったら、と思うと悔しさでどうにかなりそうだった。足がつったとか暑さに負けたとかは弱いやつの言い訳。そんなことを言って負けたくなかった。チームメイトでありながら良いライバルがたくさんいてくれたおかげで最後まで走りきることができた。



今回のレースではあまり応援に答えることが出来なかった。とても申し訳ない。きついところで心に響く応援たくさんありがとう。レース中に声をかけてくれた選手、ライバルの皆ありがとう。


ぼくは弱い。そう感じたレースだった。普段のランでは負けない大嶧や清水さんにも余裕で負ける。負けた。速くなった2年生。あっという間に抜かされそうです。甲斐君!まわりにおいていかれた感あるんじゃないでしょうか。悔しいでしょう。これからです。ポテンシャルは磨いてこそのポテンシャルです。期待してます。コジマはちゃんとエントリーしろ。




2度目のインカレです。去年の記憶が蘇ります。たまに夢で見ます。皆の期待のもと出場し、あの結果です。今年は去年よりスイムをあげてきてます。余裕はありませんが、完走、そしてランで爆走、上位を目指します。



3年生にもなって自分のことで精一杯なレースでした。鶴さんに勝てる大きなチャンスでもあったレースだった。仮に松本と同じぐらいで走れてたら表彰台やん。(妄想) 小林を抜かしたとき残念という気持ちとともに喜びもありました。順位が1つ上がったからです。すまん、これが勝負だ。小林がいつも言ってる追われる恐怖を身に染みて感じた。レース後、産医大の柏木がこの1年泉を目標に練習してきたと言ってくれました。今思えば、春の学連合宿で今年は8位以内を目標にしていると言ってました。それは去年の僕(9位)を超えるということだったのかな(この辺は激しい妄想)そんなふうに思ってくれる人がいてくれてとてもうれしいです。レースはいろんな感情を呼び起こされる。西海は毎年とてもアツい。残り少ない学生トライアスロン、悔いのないように励んで生きたい。






もっと競技者としても先輩としても大きくなりたい。






西海トライアスロン2018(安仁屋)

B3の安仁屋です。
西海トライアスロンお疲れ様でした!
そしてインカレ出場権を獲得した皆さん、おめでとうございます!
今年も応援に行きます!
皆さんの西海レポを読んでいて、僕も書きたくなったので、書こうと思います。
まず初めに、今回の大会を運営して下さった方々、幹事をしてくれたkmbppはじめマネの皆さん、たくさん応援してくれた地域の方々やGAIAの皆さん、本当にありがとうございました。また来年も是非参加したいなと思っています。

先に言っておくと、今回書きたかったのはGAIAに入って良かった!ってことと、熱中症は怖い!ってことです。
皆さんのようにカッコイイレースをしたわけでもなく、ろくに練習も出来ていない自分が偉そうに書けることでは無いかもしれませんが、初めて書くので是非読んで頂けると嬉しいです。もの凄く長くなりそうなので食堂で並んでいる時にでも読んでください。

昨年の西海
swim 0:40:01
bike 1:19:11
run 0:50:30
total 2:49:42

今年の西海
swim 0:38:53
 海に入る前は、kr君と海怖いけど頑張ってスイムクリアして完走しようって話をしたりしました。フローティングスタートの時は隣がmrkさんで、久々ですけど頑張りましょう!って一言だけ話しました。
スイムはあっという間に一人取り残される予定だったのですが、案の定ごちゃごちゃして焦りました。しかし、周りに巻き込まれずに自分のペースで泳ごうと思っていたので、割と落ち着いて1周目が終わりました。ポンツーンの右から飛び込むつもりでしたが、即座になんかポンツーン高くね?って思って足からザブーンと入りました。
2周目は何となく底が見えたので怖くないかもとか、案外スイム楽しいかもとか思いながら泳げました。しかし、折り返してから横のおじさんと一緒に泳いでいたら全然違う方向に行っていて、結構ロスしてしまいました。
それもあって3周目は去年よりスイム遅いかなぁとか思ってたらスイムアップしてました。トランジまで走るときにnkmtとかに会えて、まだ居てくれた嬉しい!ってなりました。

bike 1:22:14
 試合前、レースナンバーが隣のmtbさんに、「スイムアップして俺のチャリがあったら大丈夫だし無かったら焦った方が良いよ」と言われていたことを思い出し、良かったまだある!って思いながらバイクに移りました。サイコンを見ると10:04。お!スイム40分切ってる!っと嬉しくなりました。一瞬前にGAIAのトライスーツと赤いバイクシューズが見えて、hrtがいる!って思ったけど、あっという間において行かれました。前日にkbysとボトルは絶対2本が良いって話をしていたので、前のボトルにアクエリ後ろのボトルに水で準備万端って感じだったのですが、なんか気持ち悪い、なんかやばそう。そんな違和感を覚えつつ、沿道の賑やかな応援に感謝しながら、坂に入りました。西海前は試走も行けず、坂どころかまずバイク再開って感じだったので、ほぼ平坦しか漕いでませんでした。それもあってフラフラでした。完走は無理かも、途中で止まろうかなぁと何回も思いました。吐き気から来る恐怖で、下りはずっとブレーキを握りしめていて、25km/hくらいで下りました。坂が終わってなんとか沢山水分を取って、造船所くらいで少し元に戻りました。後で書きますが、これは無理したらぶっ倒れるなと分かったので、2周目もなんとかランまで繋ごうって感じで漕ぎました。もちろん、沿道のマネさんとかobとか、産医の中高時代の同級生とか、知り合いの応援には出来るだけ応えて漕ぎました。

run 1:02:07
 ランをスタートしたとき、会場のアナウンスでinbさんが帰ってきたことが分かりました。mtmtやoekiやizmやstk。他にも沢山のGAIAの皆とすれ違いましたが、誰がインカレ圏内なのかとかはあまり分かりませんでした。キツかったからとにかく笑顔になろう。とにかく声出そう。その一心で走りました。ハイタッチは誰としただろう。覚えているのはnskwとかtktrとかhmhtとか。もっとしたかもしれないけど、あんまり覚えてないです。mtmtに「ここからですよ!楽しんでいきましょう!」って言われたり、egさんに「まだ行けるやろ~!」ってハッパかけてもらったり、oosrさんに「あまり無理するなよ!西海楽しもう!」って言われたり。なんか断片的にしか記憶は無いですが、キツいけど楽しくてってことだけ覚えています。kr君とすれ違った時は完走まであとちょっとだよ!って思って自分の事のように嬉しかったです。
それから高2の時の担任の先生と最後に橋の上ですれ違いました。女性の先生ですが、フルマラソンも3時間台だし、本当に鉄人って感じで凄いです。パワーをもらいました。
エイドでは全ての場所でスポンジと水とアクエリを取りました。スイカだけはしんどかったので貰いませんでした。

total 3:03:14
 去年よりタイムは落ちてしまったけれど、現時点での精一杯を出し切りました。今回の目標は、3種目のうち1つでもベストが出せれば良いかなって感じだったので、スイムで1分更新できて良かったです。たとえそれが、ポンツーンが移動したからだとしても、嬉しいものは嬉しいです。バイクとランは正直本調子とは程遠かったです。暑さに身体が順応していなかったのもあるかなと思います。
いくら練習不足とはいえ、もっと練習不足の最低ラインを上げないといけないと痛感しました。この夏はフェスタと青太、もしかすると宮崎にむけて、もう少し練習出来たらと思っています。
何はともあれゴール後皆のところに行ったらお疲れ!って笑顔で話しかけてくれて、とても嬉しかったです。trさんから、「安仁屋~、ooekインカレ決めたよ」って言われて、えええってなりました。ゆーてワンチャンって言ってたのが本当にワンチャンをモノにしたんだと。本当に驚きました。

 去年もでしたが、話していたらクラッときたので、救護室に行かせてもらい身体を冷やしていました。そこでスタッフの方からstkがレース後に倒れて病院に行ったという話を聞き、僕はゾッとしました。
 ここで1つ自分の陸上部時代の体験談を書きます。
高2の8月。4×400mRのメンバーだったので、その日は専門の中長距離の練習ではなく、短距離ブロックで練習していました。(40秒間走×3)×2というメニューでした。簡単に言うと40秒経過するまで全力で走り続けて距離測って10分くらい完全休息してまた全力走って感じのメニューです。1本目は310mくらい走ったんですが2本目が全く回復しないまま全力で走りました。285mくらいしか走れなくて、一気に頭痛と吐き気が遅い、目の前が真っ白になって気づいたら銀マットの上で吐いてました。
 その後いわゆる一般的な熱中症の手当を受け帰宅し、楽になったと思って普通に生活していました。しかし翌日になっても身体がダルく、夜になってさらに発熱、頭痛と背中の痛みが酷くなり、結局その後救急外来で地域医療センターに数日間入院しました。病名は急性腎不全。重度の熱中症により腎機能が低下していました。沈黙の臓器とも呼ばれる腎臓が痛み、背中が激痛でした。数日間、24時間点滴をし続けて、腎臓が再び機能し始めて尿が出始めるまでは投与した点滴の分体重が増え、身体はパンパンに膨れあがりそれはもう地獄でした。あと数時間遅ければ一生人工透析を受けたり、さらに遅れていれば命さえ危なかったかもしれません。
 そんな経験があったから、僕はバイクの1周目で怖くなってしまいました。熱中症は本当に怖いです。立ちくらみや脚がつるという症状でさえ、軽度の熱中症に含まれます。もちろん人によってその程度は違いますが、頭痛がしたときはもう危ないと思った方が良いくらいです。
 とはいえ熱中症はいくら気をつけていても、なるものはなります。それにどれくらいでヤバいかなんて、正直その怖さを経験した人にしか分からないと思います。kbysは前日の夜に僕にボトル2本絶対あった方が良いと言ってくれたし、stkだってまさか記憶がなくなるなんて予想だにしなかったでしょう。でも大事になってからでは遅いので、やはり未然に防ごうとする努力と、もしなってしまった時にどう対処するかが大切になってくると思います。ミーティングでも話題に出たように、1割は常に冷静な自分をどこかに置くことが必要かなって思います。僕みたいな練習不足の人が一番危険なので、自分も今回のレース結果を踏まえて、ちゃんと夏に向けて気を引き締めなければって痛感しました。

この夏、きっとGAIAはどんな部活にも負けないくらい熱い夏を過ごすことになると思います。体調管理には十分気をつけて頑張っていきましょう!

 なんか熱中症の話で西海からちょっとずれちゃいましたね。けど折角の機会なので書いておきたかったです。昨年の西海では自分から声かけることがあまり出来なかったですが、今年はランですれ違う時出来るだけ自分から叫びました。ハイタッチもしたし、ほぼ歩いてましたが少しでも皆を励ますことが出来たのなら嬉しいです。tktrにめっちゃ元気出たって言われてとても嬉しかった。あのすれ違えるコースはとても好きです。めっっちゃ元気が出ます。急激な地殻変動によりなんとかあのコースがフラットにならないだろうか・・・無理ですね。

最後にひとつ。1年前のグラウンドガイダンスの際にたまたま声をかけた地惑集団に居たstkと、なんだこの綺麗な5000m速そうなスラッとした脚は!ってなって理学部棟前で声かけたmtmtがインカレ出場権を獲得したこと、個人的にすごく嬉しいです笑
それから元ラン練枠(前彦山おじさん枠)のoekiが居なかったら自分はGAIAに入っていなかったし・・・なんか本当にいろんな縁が折り重なってるなぁとか考えたら、また泣けてきそうです。笑
なのでこの一言で終わります。


GAIAに入って良かった~!!!!

おわり(夜中に書いているので文章が拙くて申し訳ありません)
プロフィール

teamgaia

Author:teamgaia
webmaster:しもの
九州大学トライアスロン同好会GAIA
kyushu-univ. triathlon team GAIA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR