FC2ブログ

レースレポート IKEDA

B3の池田です。
10/7の福井しあわせ元気国体、10/14の日本トライアスロン選手権に出場させて頂いたのでレースレポートを書こうと思います。最初に言っておきますが長いです。


○福井国体
6月の国体予選を突破し、広島県から出場することになりました。チーム広島は、インカレチャンピオンコンビな男子選手2人と、ロングなどで活躍されている女子選手と私で、偉大な先輩方を前に少し緊張してました。金曜に福岡を出発して新幹線と電車を乗り継ぎ福井へ。道中に台風の影響でスプリントへと変更になることを知らされました。到着後バイクとランの試走をしました。福岡代表の濱畑さんと遭遇。宿は会場から近いし、ご飯はとても美味しいしすごく快適でした。土曜日はこれまた台風の影響で公式試泳が中止となりましたが、朝から宿のすぐ裏の海で30分ほど泳ぎました。男子選手は少しバイクに乗ってましたが、私は雨は止んでたものの路面が濡れていたのでジョグりました。お風呂に入り、のんびりして競技説明会へ。各県の代表選手が各県のユニフォームを着て集結していてテンションが上がりました。全員速そうでした。競技説明会の後、スタート位置を決めるポンツーンドローがありました。一昨年の岩手国体の結果順で決めます。広島は岩手国体の選手の方々のおかげで中盤あたりでした。私はポンツーンの中央の方が第一ブイに近いように思い中央を選択するのが良いと思っていました。しかし、両端から埋まっていきました。驚きました。バトルを避けるためらしいです。納得。某広島代表選手は、しっかりと大会当日の風向・潮の流れをチェックしていて、内側がいいとアドバイスを頂きました。潮の流れ、付いて行きたい人を参考にスタート位置を決めるといいようです。そのアドバイス通り残ってる中での最内側の11番を選択。初めての経験でとても勉強になりました。スプリントになったので開始時間が遅くなりましたが、翌日に備え早めの就寝。
当日は雨が降ったり止んだりで寒かったです。

Total 1:06:13(30/90)
Swim 12:24(41)
Bike 34:05(39)
Run 19:44(20)

Swim
初めてのポンツーンスタートだったので、試泳でイメージトレーニング。競泳はしていたので、飛び込みに不安はありませんでした(フラグ)。都道府県ごとに紹介され、スタート位置へ。トランジまでの桟橋?の坂が急で危ないですねーと話しながら移動しました(フラグ)。慣れないハートビートに私のハートビートも高まります。オンユアマーク、ファーン。思ったよりもこの間隔が短くて焦って飛び込みました。前が見えないなと思ってたらガッツリゴーグルが浸水してました。「小学生かよ!」と私にしては珍しくツッコミを担当しながら、一旦止まりゴーグルを直しました。750mしかないし、出遅れたので必死に泳ぎます。なんとかスイムを終えると集団に鹿児島の薬師さんの姿を見つけました。同じパックに入れるよう必死に桟橋を走ると、坂で見事につまずきコケかける…。しっかりとフラグを回収しました。

Bike
飛び乗りで上手くシューズを履けず、ゴタゴタしました。バイクスタート後すぐ折り返しがあります。雨で路面が濡れていたせいもあり、減速しきれず?前の選手2人が接触し転倒。自分の飛び乗り失敗に助けられなんとか回避しました。耐えたー。その先はすぐにパックが形成され、前を吸収したり、後ろに追いつかれたりし最終的には割と大きくなっていました。折り返しでは前にいた方がいいと分かっていてもなかなか前で迎えることが出来ず、また折り返しが下手で離されてしまった(インカレでも)ので未熟さを痛感しました。降車ラインで松本に「落ち着いていきましょう」と言われ、「落ち着け、自分」と言い聞かせ深呼吸もしながらトランジへ。自分のスタンドに上手く入った!と思っていたらそこは隣のスタンドでした。ここでも思わずツッコミました。(ちゃんと直しました)

Run
自分のアホさに微笑しながら、ランへ向かいます。今までのどの大会よりも足が軽かったです。「スプリントだから飛ばそう!」と思い最初からツッコミました。しかし普段よりは短いですが冷静に考えると5キロあります。後半は少し後悔してました。どんどん先行している選手を抜かすことができ、キツかったですが素直に楽しかった。最後の最後に競って負けたのは悔しかったです。フェスタでも思いましたが、スプリントの方がキツイですね、、


この大会では、イメージトレーニング不足によっていくつものツッコミポイントを作ってしまったように思いました。遠くから多くのGAIAの仲間たちが来てくれていたのに言い訳ばかりなレースをしてしまい申し訳なかったです。散らばって色んな場所で応援してくれていたので、本当に力になりました!ありがとうございました。また、チーム広島としては、天皇杯男女総合6位を頂きました。あまり貢献できてないですが、とても嬉しかったです。トップ選手と試合前を過ごすことができ、色々な話を聞かせて頂き、とても貴重な経験でした。また、来年も広島代表として茨城に行けるよう頑張ります。



○日本選手権
国体の疲れは思ったよりもありませんでした。2週連続レースは何度かやったことがありましたが、なんだか何をすればいいか分かりませんでした。スイムとランは調子が良いと感じていたのでほどほどに。
早く到着するに越したことはないと思い、土曜の始発電車、始発飛行機に乗りお台場へ向かいました。一人では雰囲気に飲まれそうだったので、サポートを快く引き受けてくれた濱畑と行動しました。10時半ごろからバイクの試走をしました。コースは曲がるポイントがいくつもあり複雑でした。何度も止まりながら確認していると同じく試走されている選手がいたので、一緒に試走させて頂きました。アップダウンはほぼありませんが、カーブが多くなかなか覚えるのが大変でした。ホテルに帰り、近くのビルでお昼ご飯を食べ、1時間に1度のシャワーツリーを見て、フリースペースのような所でホテルのチェックインまでの時間を潰しました。チェックインを済ませた後は、競技説明会へ走って向かいました。2キロほどでした。競技説明会にはトップ選手が集まっており、緊張感がすごかったです。押しつぶされそうでした。お台場の水質は大丈夫だと思われるという報告などを受けました。その間、濱畑さんは開場日だった豊洲に行ったそうです。
その後お昼と同じビルで夕ご飯を食べました。またまたたまたまシャワーツリーの時間が近く、今回はレインボーに彩られるらしかったので10分ほどわくわくしながら待ちました。周りは小さい子ばかりでしたが、そんなの関係ありません。最初から最後までしっかりと見届けましたが、そのシャワーツリーは色を変えることはありませんでした。このわくわくと時間を返して欲しかったです。そんなこんなで準備をして就寝。

週間天気予報では曇りの予報でしたが、朝起きると小雨が降っていました。毎年ちゃんと雨が降るものなんですね。驚きです。同じホテルに多くのアスリートが宿泊されていて、ホテルの下でローラーをしたり、ジョグをしたりされていました。私は会場でアップをしようと思っていたのでここではしませんでした。アスリートラウンジに行くと思ったよりも受け付けやチェックに時間がかかってしまい、ランアップがあまり出来なかったのが後悔です。そして、水温21℃なのにウエットスーツ着用可と発表されました。西海ぶりのウエットです。しかもノースリーブなのは私だけでした笑。心優しいコーチの方にホットクリームをお借りして腕に塗りました。試泳で海に入ってみるととても冷たく凍えそうでした。試泳後、周りの選手がウエットを着ない決心をされていましたが、私は泳力に自信がなかったので着ました。

Swim 22:44(48)
順に選手紹介をされスタート位置を選びます。付いていきたい人の隣に行こうと思っていましたが、どこが空いてるか分からなかったので、入場口付近の外側端に決めました。偶然同じ九州の境さんが隣になり、付いて行こうと思いました。スタートは国体の失敗を生かし、何度もイメトレしていました。レース前夜には濱畑さんが数年分探してくれました。朝にも自分で言いながら確認しました。そのおかげで、しっかりと焦ることや出遅れることなく会心のスタートが出来たと思います。バトルもほぼありませんでした。スタートが上手く行ったのと、自分はOWS選手と言い聞かせ最初から飛ばしたので、徐々に抜かされてしまいました。ここで付ける泳力がなかったです。1周目終了後単独泳でした。後ろに人がいないのではと思い、確認したらまだいたのでホッとしました。2周目のラストで追い上げてきた2人の選手と同時にスイムをフィニッシュしました。

T1 0:43
ウエットスーツを脱ぐ遅さには自信がありましたが、チャックを下ろすのに手こずったもののこれでもかと塗りたくったワセリンとおかげで過去最速で脱ぐことに成功。歓喜。思ったよりもバイクが残っているように見えました。歓喜。濱畑さんの応援を背にバイクへ向かいました。

Bike
3人ほぼ同時にバイクへ。しかし、気づいたら2人でした。相手は関カレ優勝者の田村さんでした。私のバイクの弱さが露呈しほぼ金魚のふん状態でした。インカレのデジャヴ。1周目は4分ちょっとの先頭との差が1周で30秒広がっていきました。5,6周目あたりで最後尾バイクを後ろに感じ焦りました。時々前に出ましたが、引いた後に着いて行けず7周目にちぎられてしまいました。
バイクの方「ギリギリまで粘るから諦めるな!」
私「はぁぁあい!!」
みたいなやりとりをして、なんとか最終周の8周目に入れました。しかし、インカレと違い最終周に入れたからといって、完走が確約されたわけではありません。ランコースと被っているため、先頭の選手がランの折り返しを迎える前にそこを越えなければなりません。これまでにないぐらいの応援を頂きながら最後まで粘りましたが、そこの関門は越えることができず、ここで私の日本選手権は終了しました。田村さんもそこで止められており、本当に申し訳なかったです。私がもっと強くて回して行けてたら…。後から聞くと本当に後ちょっとでのことで、1分もないぐらいだったそうです…。バイク中に余裕がなかったにも関わらず、応援がしっかりと聞こえてきて力になりました。またバイクの途中で先頭との差を言ってくれる有能な人がいると思い確認したら上別府でした。とても心強かったです。皆さんありがとうございました。

初めての日本選手権はバイクでLAPされDNFでした。昨年の井辺さんの完走に続くことが出来ませんでした。
目標は完走でしたが、全くそのイメージは湧いていませんでした。昨年日本選手権を応援した後、「来年は私も出場します」と軽はずみな発言をしてしまいました。まさか自分が国内最高峰の舞台に立てるとは、国内トップ選手の方々とレースをすることが出来るとは夢のようでした。しかし、出場だけでなく完走しなければトライアスロンをさせてもらえません。今回のレースはカッパスロンでした。来年も出場権を得れたとしても、自分が成長したとしてもコースやレース展開によって完走条件は変わってしまいます。しかし、諦めず今回の悔しさを来年もっと強く速くなってリベンジしたいです。します!ランの写真も撮ってもらいます。インカレ、国体、日本選手権を経て、全国のレベルの高さを改めて痛感しました。私は練習で余裕のあるサークルやペースで行きがちですが、厳しくいこうと思います。また、スイムのスタートやトランジなどまだまだ改善の余地しかないので勉強・練習します。

私の応援に福岡や遠くから応援に来てくださった方、気にかけてくださった方、ホイールを貸してくださった関さん、そしてサポートとして同行してくれた濱畑、ありがとうございました。完走できず結果で返すことができず申し訳ない思いでいっぱいです…。

去年、井辺さんは完走できないと目覚ましテレビが見れなくなるとブログに書かれていましたが、幸いにも私は朝にテレビを観ないので普段と変わらない朝を迎えることができました笑。
次のレースは1ヶ月後の宮崎です。最後に満足のいくトライアスロンをして、今シーズンを終えられるよう少しずつ切り替えていこう思います。

本当にありがとうございました!



おわり
スポンサーサイト

夏の振り返りブログ②

こんばんは 時間を溶かす魔法が使える4年の古澤です。
時間を溶かしたい人は私と一緒に過ごしましょう。もれなく午前中が溶けます。

退屈過ぎてGaiaブログをさかのぼっていたら1年生の自分が夏の振り返りブログなるものを書いていたので「どれどれ、4年になったワシも書いてみるとするかのう」という気分で夏休みの振り返りブログを書きます。

長くなりそうなので適当にすっ飛ばしながら読んでください。これブログ書く時いつも書いていますが、年々文章力がなくなって本当に長くなっていますね。遺憾の意~

夏休みはいろいろありました。

8月10日 山口ドライブ またの名を「いつのまにかOGになっていた増田さんを囲む会」
秋芳洞、秋吉台、そしてなぜか夜は食べ飲み放題。K別府はソーダ割りなら芋焼酎をジョッキで飲めるそうです。増田さんはハイエースでドライブに行きたいそうなのでGaia関東支部の先輩たちはお願いをかなえてあげてください。

8月中旬 横断幕作成。今年はもう公開で作成、修正ペンじゃなくてマジックと年々適当に…じゃなかった、改善されていっています。N本さんはちゃんと長さとか測って書いていて真面目だなあと思いました。どれがN本さん作でどれが私作か全部当てられた人には仲本さんがなんか奢ってくれるそうです。

8月22~24 学連合宿@伊都キャンパス
宿舎の鍵を破壊した1年の学連合宿ぶりの九大開催。毎朝伊都箱に乗って伊都に行き、夜伊都箱で箱崎に帰っていたのであまり合宿感はありませんでしたが、他大の選手やマネージャーさんと少しでも話すことができて、いい思い出になりました。
他大学も会うたびに新しいチームになっているので楽しいです。
最終日は今津だったので参加できなかったのが心残りです。ともあれ、大きな事故等なく終えられたようで何よりでした。

8月31日~9月3日
佐渡 http://triathlonteamgaia.blog.fc2.com/blog-entry-751.html

9月7日~9月9日 インカレ
毎食うどんを食べることに成功。天気が生憎の雨でしたが相変わらずの雨装備のなさ。群馬からなにも成長していない。
1年のインカレ、2年のインカレ、3年のインカレ、どれも鮮明に思い出せるのに、もう学生でGaiaの現役生として香川に来てみんなと過ごすことはないと思うとなんだか面白いですね。来年以降もGaiaの活躍をFacebookやらなんやらで見るのを楽しみにしているかもしれません。

N本さん家でサバの味噌煮食べたり素麺食べたり泳ぐのにつき合わされたり。

9月16日 フェスタ@海の中道
1年生ぶりのフェスタ、嘘みたいな晴天と暑さで見事に日焼けしました。みんなイキイキとレースしていて、夏の締めレースとしては最高の大会だと思います。やっぱりたくさんの知り合いに会うことができて、四年間マネージャーすると知り合い増えるな、わはは と思いました。社会人のM田さんが女子大生のフリをしてボランティアしていました。ボランティアさんも暑い中エイドや周回ゴム、ゴールなどあちこちで休みなく大会を支えてくれていて、毎回のことですが本当にありがたいです。
そういえば来年の天草はS戸がスイム、N本さんがバイク、M尾さんがランのリレーで出場するそうなので応援してください。

9月18日 ミーティング 幹部交代
幹部学年、1年間お疲れさまでした。変革を丸投げしてしまったというか、色々頼りない先輩で申し訳なかったですが、これからはみんな同じ老害です!イエー!

1年生の夏振り返りブログには
「特にこれが学生生活最後の大会になってしまわれる先輩方、
本当にさみしいので積極的に留年していただきたいと思います。」
とか書いていましたが、当の私が卒業する代になるとは笑えます。にしても一年生の頃のブログはなんというかこう…若くて…はあ…だいぶ腐ったな自分って感じです…。今は先輩ぶっちゃって…。


全体的に卒業するのが寂しい感を滲ませすぎました。まあ夏の終わりってそんな気分になりますよね!

私は内定式でお友達をつくれるように頑張ります。みんなからのアドバイスを待っています。
後期も大学に行かないわけではないので練習に顔を出せたらヤジ飛ばしに行くかもしれません。1年生は大学に慣れてきて寒くなってきて大学に行かなくなり、体重は増えて単位は取れないみたいなことが起きがちなので気を付けてください。


もうすぐ後期、伊都に完全移転して新しくなった九大を見逃すな!

とある夏の一日

明日から集中講義が始まり、そのまま後期の授業へと続くので実質夏休みが終わります。再試が終わってないのでまだ前期が終わってないのですが。

<今日の練習>

8時部室集合バイク練
糸島を走ったらしい。佐竹が千切られたらしい。絶望したらしい。

10時伊都キャンスイム練
メニューは忘れました。4500くらい泳いだんじゃないかな知らんけど。

14時半トレ室筋トレ
上半身DAYだったらしい。初参加。肩が上がらないなう。大蔵の成長した要因を垣間見た。
筋トレはしたほうがいい。身体が重くなるとか言ってるやつはしてから言ったほうがいい。

16時半今津ラン練
お兄さんが見つけてきたメニューをやる。アップもなかなかきつい。30秒8割ぐらいの力でラン、1分半ジョグを15本。気持ち的にも30秒だけなのでしっかり走れる。一人で練習するのにジョグだけでは飽きた人におすすめ。

まあこんなで夏休みラストが終わりました。夏休みはインカレに向け、多くの時間をかけました。遊びという遊びはほんのわずかしかありませんが、充実していたと思います。大学3年間の夏休みはト・ラ・イ・ア・ス・ロ・ン!ですね。1年生にほぼ解禁賞の人がいるらしいです。おめでとうございます。事実フェスタくそ速かったですね。来週は国体の応援に行きます。国体までが夏休みということで。あ、フェスタのレースレポートも軽く書いてたので載せておきます。では。

<フェスタ>
福岡トライアスロンフェスタ

3年目にして初めての出場となったフェスタ!天気もよく楽しい大会となりました。

【スーパースプリント】12位
<耳寄りな情報>
九州選手権大会となっているがここでしかやってないので、優勝したら名誉が得られるのみ。
出場には認定記録会への出場が必要。スイムの得意な選手が多い。

スイム
狭いプールでのフローティング?スタート。閉じ込められる。まあ気楽に泳いだ。最初こそ狭くて大変だったがスイマーが多いので人はいなくなった。

バイク
得意のトランジで前の選手を抜く。前の2人のおじさんに追いつく。おじさんは疲弊していたため8割ぐらいひくことに。トランジで千切った柏木に単独で追いつかれてしまった。俺おそっ。

ラン
柏木と抜いたり抜かれたりではしる。残り1キロぐらいで吐き気に耐えられなくなる。ペースダウン。その後回復も、根性がないので2秒足りず。

スーパースプリントはリレーへのウォーミングアップ程度に望むつもりだったが結局きつい笑 終わった後は、しばらく動けないほど気分が優れなかった。リレー走れるかな。


【リレー】総合7位学生3位区間12位
ガイアの3年生チーム!インベーダーズを倒すがためにつくられた!1走はオオエキ2走は泉、アンカーは小林だ。
インベーダーズを粉砕するゾ
1走のオオエキが良い位置でバトンパスしてくれる。インベーダーズ1走の松本は不調によるブレーキ。

スイム
誰もいない。のんびり泳いだ。きぼうくんに抜かれるもトランジが得意な泉はトランジで追いつき抜かす。

バイク
きぼうくんと抜いたり抜かれたりだった。宇宙人ヘルメットのつるさんに差をつけて小林にバトンパスしないと勝利がないので頑張る。

ラン
学生トップでランに入る。残り3kmぐらいになったころ、またしても吐き気に耐えられない。止まる。水分が吸収されてなく、水分がたくさん出てきたので内臓が疲弊しているのだろう。30秒以上離したと思われるきぼうくんに抜かれ鶴さんにも抜かれる。正直リタイアしたい気持ちが満載だったがチーム戦。優勝は不可能かもしれないがゴールはしたいので歩き出す。小林にバトンを渡さねば。2人に申し訳ない。ひどいタイムだが何とか走り切り、小林に託す。バトンをつなぐことが出来た。

いんべさんは馬鹿速かったので僕が守ってても抜かれただろう笑。小林がいいタイムで走り切り学生3位でフィニッシュ。チーム3人でゴールするのもわくわくして楽しかった。

初めてのフェスタ!面白かった!帰りは海の中道で車が事故ってくそ渋滞になっていた。安全運転を心がけよう。

あ、ブログ書いたのは3年泉です。松本新キャプテンのもとこれからも精進していきます!!

もう少しだけ頑張ってみようかな。

ご無沙汰してます、2年続けてインカレで見事なまでな内弁慶っぷりを発揮したM1の清水です。インカレ後は学会、帰省としばらくトライアスロンから離れていましたが、着々と次の目標へと歩き出している皆さんの姿を見て、いつまでもクヨクヨしている自分が情けなく思えてきたので一つ区切りをつける意味でもブログを書きたいと思います。いろいろと書きたいことがあって何から書こうかというところですが、まずは今シーズンを振り返りたいと思います。


長いシーズンでした。横浜、ももち、天草、宮島、西海。
ただ出ただけでなく、一つ一つのレースで良かったところ、悪かったところを見出すことができました。思い切りトライアスロンができるのは今年が最後かもしれない、その思いがあったので今年これだけ多くのレースに出ました。そう、今年は勝負の年、その覚悟を持って臨んだはずのインカレ。去年から何も成長を感じられないまま終わってしまいました。率直な感想としては一つだけ、しんどかった。ただただしんどかった。研究室生活に神経すり減らしながら来る日も来る日も練習したのに、いろんな人にお世話になったのに、応援してもらったのに、全て裏切ってしまいました。



どうしてこんなことになってしまったのだろう。本当に覚悟を持って臨めていただろうか。妥協や慢心があったんじゃないか。考えたってもう遅いのに、そんなことが頭を駆け巡った。


去年、念願のインカレにようやく出場し、タイムはひどいものだったが完走は果たした。次なる目標は更なる上位へ。そのためにはこれまでより更に練習しなくちゃならない。でも、どこか燃え尽きてしまっている自分もいて、そんな自信はなかった。中途半端にやっても意味はない、やるか、やらないかの二択だということももう分かっていた。でも、仮に今やめたら絶対に後悔する、これだけは絶対。だからこそ、苦しい、もうやめたいという感情を押し殺し、時には楽しむという気持ちを捨ててまで練習に打ち込んだ。もちろんそれで得られた成果もあった。でも、それには限界があった。誤魔化してきた弱い自分が露呈した、それがインカレでした。やっぱり苦しみながらトライアスロンをしたらダメみたいです。


これ以上過去を振り返っても仕方がない。問題はこれからどうするのか、どうしたいのか。ひたすら悩んでいると、あっという間に咽かえるような日常に戻りました。これからは就活も加わってきます。しんどいです。こんな状況の中何もかも一気にやろうとすると余計しんどいと思うので、まずはできることからやろうかという結論に到りました。とりあえず、競技は続けます。もうやる気も情熱も何もかも枯れかけているけど、やめちゃいけない、根拠はないけどそれだけは確かな気がするのです。いずれにせよ留年でもしない限り、僕がGAIAに居られるのはあと1年半しかありません。それなら自分のため、チームのため、できることをやって終わろう、今はその方向に気持ちが傾いています。役に立てるかは分からないけど、競技のことで思い悩むことがあったらいつでも相談に乗ります。失敗の数だけはダテじゃないので。



最後に、後輩の皆さんへ

勝負はほんの一瞬です。勝つか負けるかはその一瞬にどれだけの情熱を注ぎ込めたかにかかっています。勝ちたいなら、他の誰にも負けないほど練習したという自信と誇りを持てるまで練習してください。今の僕にはそれしか言えません。



終。

はじめてのレースレポ


こんばんは。“マネージャー”の仲本です。初めてトライアスロンに挑戦し、なんとか完走することができました。
3週連続のブログになります。お許しください。

福岡トライアスロンフェスタに、島人ぬGaiaとして井上さん、大城さんと参加させていただきました。島人とかいてしまんちゅと読みます。全員が純沖縄人のめちゃんこ顔濃いチームです。

きっかけは西海後のミーティングでした。純沖縄産でチームを組みたいということで私に声が掛かりました。いつもならば、なに言ってるんですか〜〜無理ですよ〜〜。でお断りして終了ですが、なんとなく真剣に考えてみることに。
大城さん井上さんは今年で卒業、今後沖縄出身がチームに何人もいることってないのかもしれない…。一時の気の迷いですね。フェスタのリザルトを調べ、スイムバイクランを何分で行けば完走できるかを考え、可能性が見えたため出場を決めました。
やるからには、完走。口だけにはなりたくない。

テスト期間を乗り越え、本格的に練習を始めました。スイムは千代で泳ぎ、ランは箱崎を走りました。
バイクは全く乗ったことがなかったので、チームで練習。乗り方から教わり、カーブ、ボトル、手信号などなど。初めての日は下りが怖くて怖くてしょうがなかったのを覚えています。
ご褒美があったほうが楽しいということで塩プリンを目的に漕いで、その帰りに芥屋で砂遊びしたり。海中で漕いだり。
8月末は海中でバイク→貝塚グラウンドで5キロ走るなどしました。きつかった。でも走りきった後のアイスは格別に美味しかったし、自信につながりました。1人ではできなかった。先輩たちのご指導のおかげでサボらず頑張れました。疋田くんのぶっちぎりライドでは吐く寸前でしたが、今思うと楽しかったかもしれません。
9月は遠征合間を縫って空港周りを漕いだり、箱崎で走ったりしました。部活、練習、バイトな日々。

フェスタ前日
関戸と美織さんがお泊り。昼寝のせいか、3時くらいになっても眠くなくて焦りました。無理やり就寝。

フェスタ当日
朝から落ち着きませんでした。関戸と美織さんを見送って、貝塚グラウンドへ。3人でゆっくり向かいました。Gaiaのパックを見かけたり、長大バンを見かけたり。あれ?海中ってこんな遠かったっけ?いつまでもつかないなーと思ってたら着きました。はーーーーーー着いてしまった。

受付でナンバリングをしてもらいました。モウニゲラレナイ。

あっという間にSSが終わり、駅伝第1走がスタート。私が2時間かけて走る予定だったので、井上さんと大城さんが合計2時間半で帰ってきてほしいところ。

2走までは写真を撮りました。一昨年はボランティアをしていたので、今年はガイアの人たち、他大さんを応援できて楽しかったです。
井上さんが大城さんにタッチしたとこで1時間10分。良き!
1分でも1秒でも稼いでくださいと伝えたため、いつもは笑顔で奇声を発してトライアスロンを楽しむ大城さんが、今回は微笑すら無し。大城さんの笑顔を奪ってしまい申し訳ないです‥‥。ランスタートを見送って、スタート位置へ。

マネのみんなやGaia、他大の方まで激励の言葉をくれました。めちゃくちゃ不安でした。あおいちゃんみゆさんにあーあー行ってると大城さんが帰ってきました!楽しんで、ゴールに帰って来い!と言ってくれたので、いってきます!と元気にお返事。

13:00スイムスタート
三種目を連続でしたことはなかったので
スイムはマイペースで頑張ろうと思ってました。あおいちゃんにすーっとぬかされ、他の選手にも抜かされ。私これビリなんじゃないかなーと思いつつも焦らず泳ぎました。一度水を飲んで立ちました。げほげほ。あっという間に1週目が終了。真夏とたかりなさんに見送られもう一周。裸足だったのでトランジまで痛ッ痛ッとつぶやきながら走りました。
Gaiaのみんなや他大さん、そして大城さん、井上さんの焦らず行け!の声で元気が出ました。

バイク
トランジに入ると井辺さんがランに出て行くところでした。早すぎ。
服を着て、靴を履いて、ヘルメット被って、水というよりお湯を飲んで、トランジを出たのが13:15とかだったと思います。バイクだ!
最初の一周はスイムの疲れがありました。なんかダルい。頭もぼーっとしてる。4週もあるので、水を飲みながらコースを見るつもりで漕ぎました。平坦と聞いてた割にゆるーくアップダウン。Gaiaや他大の人たちを見つけたら声をかけるようにしました。折り返してみると向かい風がすごい!あっと言う間にみんなのいるロータリーに戻ってきました。
あちこちから仲本!なおちゃん!なお!と声が聞こえて、ちょっと照れ臭くなりました><でもすごく嬉しかったです。頭も冴えて着ました。時計を見ると13:25。一周10分のペースで回ればい良いと思い、2周目へ。みんながいるロータリーへ戻ることを楽しみに漕ぎました。天気も良くとても暑いので、言われた通り水分はこまめに取る。2週目も10分ペース、3、4周目は落ちましたがバイクを終えました。漕いでる間はずっとニヤニヤしてたと思います。すごく楽しかった。

ラン
バイク置いて、トランジを出たのが14:00くらい。完走はいける!と確信したので大分気持ちが楽になりました。みんなに見送られてランへ。補給はランスタートの1箇所だけなのでしっかり取れと言われていたので、足を止めて、1つ水を飲んで1つ自分にかけて出発。朝大城さんとランコースも下見していたので、激坂は歩こうと決めていました。えっさほいさ登り、よし!と走り始める。この坂を見るのもあとたった二回。足は重くはない。でも無理はしない。遊歩道を抜けると一気に視界が開けました。空が青い!草は緑!最高!水をかけてくれるおじさんがいたので自分から突っ込みかけてもらう。気持ちいい。村木さんにピースする。1周終えて戻ると、みんなからの声援!気持ちがはやりすぎてゴールへ行きかけるが耐える。桃子から周回のゴムをもらい2周目へ。一周10分ペース。また水を飲んで水をかける。暑い中ほんとうにありがたいなと思い、お礼を言うと笑顔で見送ってくれました。よし、2周目!坂は歩く。ペースをあげたくなったが、3周目までしっかり走るために我慢。また景色に感動する。おじさんに水をかけてもらう。みんなの声援を受ける。楽しい。ことちゃんにゴムをもらう。ラスト3周目!なんと!エイドでは浴びる用の水をペットボトルに用意してくれていました。飲んだあと、水をかけてると後ろから来たおじさんにさらに水をかけられる。冷たい。坂は歩く。後ろから来たおじさんが九大!もう少し!ファイト!と声をかけてくれた。いい天気ですね!と少しだけ話して並走するも置いていかれる。その後も九大ファイト!と抜きざまに声をかけていただき、嬉しかった。おじさんに水をかけてもらう。面白がって顔にかけてくる。びしょ濡れ。景色に感動する。絶対に忘れない景色。ついにゴール。

Gaiaのみんなが名前を呼ぶのが聞こえた。左に井上さん、右には大城さんと囚われた宇宙人のような格好で初めてゴールテープを切りました。1:33:55。
よっしゃ。完走!

終わった後は意外と元気でした。
みんながおめでとう!おめでとうと祝福してくれて、嬉しかったです。

あぁ、楽しかったなぁ。
体的にはキツイとこもあったけど、覚えてないくらい、楽しかった。
出場してよかった。

チームに誘ってくれた、バイクの乗り方を教えてくれた、ご褒美ありの楽しい練習を考えてくれた、練習の時には振り返って私が死んでないか確認してくれた、大城さん。箱崎に帰る時にはいつも引いてくれた、大嫌いな坂では後ろから檄を飛ばしてくれた、そしていつも塩分をチャージしてくれた井上さん。
本当にありがとうございました。チームでの練習はキツイこともあったけど楽しかったし、3人でちゃんと完走したいと思う気持ちで乗り切ることができました。島人ぬGaiaとして出場したフェスタを一生忘れません。ありがとうございました。

トライアスロン復活のひっきーも完走おめでとう!一緒に頑張ろうと言ってくれてとても支えになりました。ありがとう。私が練習報告するとバカ褒めてくれた真夏、みき、ありがとう!幹事もありがとう。面白がりながら、応援してくれた皆さん、ありがとうございました。

選手のみんなにとってはショートの短い大会、楽しい大会なのかもしれないけど、私にとってはブログに壮大に書くほどのものでした。



大学3年の夏に挑戦できてよかった。



後一年半、”マネージャー”頑張ります!





おわりんご
プロフィール

teamgaia

Author:teamgaia
webmaster:しもの
九州大学トライアスロン同好会GAIA
kyushu-univ. triathlon team GAIA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR