2017日本学生トライアスロン選手権 M1鶴崎



こんばんは。M1鶴崎です。
先日、観音寺で開催された日本学生トライアスロン選手権に出場してきました。
OBの方々におかれましては、この度多大なるご寄付を賜り、誠にありがとうございました。
また遠方から応援に駆けつけてくださった方々、温かい声援がとても力になりました。ありがとうございました。



さて、面白いレースレポートを書きたかったのですが、何の面白みもないレースをしてしまったのでおそらく面白くありません。暇だったら読んでくれると嬉しいです。


Swim: 0:22:58 (115)
Bike: 1:00:53 (89)
Split: 1:23:51 (105)
Run: 0:37:32 (52)
Total: 2:01:23 (71)

スイム
スタートは順調。第一ブイを回るところで激しいバトルに巻き込まれる。3連続沈められキャップを引っ張られる。ゴーグルは死守。集団から脱出しすぐに前を抜き返すが第二ブイでまたもバトルに巻き込まれる。2,3周目は前を回収しながら泳ぐ。

トランジ1
先頭と約4分半差と聞き想定より悪い位置で上がったことを確認。しかし周りには多くの選手がいて少し安心。落ち着いてトランジを済ませバイクへと飛び出す。今思えば落ち着き過ぎだったかもしれない。

バイク
飛び乗りをしてすぐにシューズを履く。なぜそうしたのかはっきりとは思い出せないが、シューズを止めてたゴムが切れたとかそんな理由だったかもしれない。気づくとトランジで1mだった差が30mほどに。さよなら第n集団。そのまま後ろを待ちながら半周単独走。やっと入れたパックにはスイムで差がついているはずの九州の選手がちらほら。前のパックを回収すべく積極的に回すが集団は加速せず無駄に足を消耗。

トランジ2
本部の放送で100番前後と知る。密かに28位以内を目標としていたため圧倒的敗北感を抱えながらランへ。
サングラス(1000円)を忘れる。

ラン
目標に届かなかった悔しさのあまり爆走。爆走しすぎて28位まで追いつけるんじゃないかってくらい爆走。4周目で足が攣りかけて大失速。そのままゴール。












僕たちは弱かった。
只只それを痛感させられたレースでした。







今日からまた練習が始まり、大雨の中早朝から多くの人が集まりました。かつてのGaiaエンジョイ派競技派論争が嘘のように、皆それぞれの目標を持って練習に取り組んでいるように思います。
この一年間、『村と村の間の溝が埋まって一つになる』(by 赤松)というのを肌で感じています。
今のGaiaなら、何かとてつもなく大きな事を成し遂げることができるはず。。。


Gaiaのこれからを担う1,2年生諸君。君たちはポテンシャルオバケです。あまりのポテンシャルの高さに流経、日体、中央から命を狙われるかもしれません。ただしポテンシャルは努力してこそ引き出されるものです。そのことを肝に銘じて、これからも練習に励んでください。



最高に老害っぽいこと書いたところで朝の5時を迎えてしまったので、これで終わりにしたいと思います。


拙い文章ですが最後まで読んでくださってありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

teamgaia

Author:teamgaia
webmaster:しもの
九州大学トライアスロン同好会GAIA
kyushu-univ. triathlon team GAIA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR